《デリヘル情報メニュー》女の子の身体はとってもデリケート

デリヘルの女性は、お客様の爪が伸びていないかどうか、最初にチェックをしています。
爪が伸びているお客様には、プレイ前に切るように言われることもあるので注意しましょう。
勘違いをしている人も多くいますが、デリヘルというのは何も違法で営業をしている風俗ではありません。
しっかりと営業許可を申請することによって合法的に営業をすることが出来る健全な風俗なのです。
女性に愛撫をする時に爪が伸びていたら、女性の敏感な部分に傷をつけてしまうこともあります。
デリヘルの女性にとりましては、その下半身の部分というのは商売道具なのですから傷をつけることなくしっかりと爪のケアをしておきましょう。
デリヘルでは女性ももちろん、こちらを攻めてくれますが、こちらが女性を攻めるのも楽しいです。
女性のおっぱいを舐めたり触ったり、さらには下半身を愛撫して、女性を絶頂に達してあげるのも喜んでくれることでしょう。

 



《デリヘル情報メニュー》女の子の身体はとってもデリケートブログ:2021/9/08

「背中を洗ってくれないか」
と、父に言われた。
この父というのは、実は家内の父である。

僕は一瞬戸惑ったが、
「え?!あっ!はいっ」
と言いながらタオルを構え、父の背中にあてがった。

初めて父の背中というものに触れた。
なんか丸っこくて大きくて、何だかゴツゴツしている。

上手に洗ってあげようと思えば思うほどうまくいかない。
タオルがねじれてしまう…

今度は父が僕の背中を洗ってくれるらしい。
僕は静かに父に背を向ける。

父は、なんていうか、力加減を知らない。
すごく力強くて、体についている必要なものまで
洗い流されてしまいそうな感じ。

思わず僕は、身をよじってしまった。
「すまん」父は申し訳なさそうに、
「むすこの背中を洗うのは難しいな」と言った…

僕は物心のついたころから、
女手ひとつで育てられてきた。

我が家に父がいないことを悲しがらなかったのは、
母親の育てかたが上手だったからだと思う。
溢れんばかりの愛を注いでくれたので、
僕はとても幸せだった。

とは言え
父のことを思わなかった訳ではない。

ただ、そのとき僕がイメージするものは
どれも好感の持てないものばかりだった。

無口!ガンコ!厳しい!
正直、「父は怖い」という印象しかなかった。

そんな僕に父ができたのは、
僕が結婚をしたからだ。

家内の父は、僕にとって不思議な存在だった。
格好なんてつけない。不器用だけどまっすぐ。褒められると照れ隠しする。
大きなお世話なことばかりする…

僕は、父というものに対する印象が
まるっきり変わった。