《デリヘル情報メニュー》全ては挨拶から始まります

女性は、お金をもらう立場ですが、お客様はその女性から極上のサービスを受ける立場なのです。
どちらも損得があるのですから、女性を一人の人間として考え商品とは考えないことです。
もしこれからデリヘルのご利用を考えているのでしたら、まずは安心出来るデリヘル業者を探す必要があります。
多数あるデリヘルの中にはボッタクリなどの違法行為をしている業者もあるので十分に注意するようにしましょう。
どんなことでも初対面で挨拶をしない人はいないかと思いますが、それはデリヘルでも同じことなのです。
デリヘルでは挨拶をしない時点で、女性はあなたとプレイするのを嫌がってしまうことでしょう。
デリヘルでは部屋に女性が来たら、まずはきちんと愛想よく、挨拶をして出迎えてあげることが大切なこととなります。
中には無愛想な表情でほとんど喋ることなく無言のままの男性もいますが、それは止めましょう。

 

町田 デリヘルへ
http://www.cup-foodle-group.jp/



《デリヘル情報メニュー》全ては挨拶から始まりますブログ:2021/1/18

皆さんは、娘の頃
何になりたかったですか?

ぼくは、物心ついたときから電車が大好きでした。
だから、一番最初になりたかったのは電車の運転手です。

当時、私鉄の沿線に住んでいたので、
ぼくは、電車を見るのも乗るのも大好きでした。

電車の運転手さんの後ろに立って、
まるで自分が電車を運転しているような気になって…
それだけで幸せでした。

ターミナル駅から出発したり、到着したりする電車を
一日中眺めては、
パパや母親を困らせていたようです。

でも、本当にそれだけで幸せだったんですね。

次になりたかったのは、プロ野球選手でした。
もともとトレーニングが好きだったぼくは、
兄貴のグローブを使って一人でボール遊びをしていました。

しかし、兄貴のグローブなので、
兄貴の眼を盗んでグローブを使っているぼくを見るに見かねて、
パパがぼくの誕生日にグローブを買ってくれました。

本当にうれしくって、大事に使ってました。

近所の友人たちと連日のように
キャッチボールや野球をして遊んでいました。
本当に、日が暮れてボールが見えなくなるまで野球をしていました。

それでも、飽きるどころか夜行性の虫のように、
ぼく達は電灯の明かりに群がってボールを投げていました。

プロ野球選手の真似ごとをしては、
その選手になりきっていました…それだけで、本当に幸せでした。

野球が好きだから、いろんなことを試したくなります。
野球のいろんなことに、興味が出てきます。

失敗すると、なぜ失敗したかを考える…
ぼくはそれくらいのめり込んでいました。

考えてみれば娘の頃って、
できないことなんて、何もないと思っていましたし、
なれないものなんて、何もないと信じていたんですよね。